ジャーナリズムXアワード

自由で公正な社会づくりのために、ジャーナリズムの壁を突き破る創造的な取り組みを、市民が応援します。
自由で公正な社会づくりのために、ジャーナリズムの壁を突き破る創造的な取り組みを、市民が応援します。

ジャーナリズムXアワード

about

自由で公正な社会を創るジャーナリズムを応援したい

政府と民間受益者との利益相反、民主的な議論を尽くしたとは考えられない法改正や環境破壊を伴う開発など、政官財の劣化が止まりません。また、政権によるマスメディアへの介入が言論や表現の自由を萎縮させて「権力の監視」機能を弱めることで、いまや日本は近代立憲民主主義国家の資格さえ疑われる危機的状態です。

一方、SNSなどにより、マスメディアに頼らなくても市民同士が情報を伝達・交換し、行動へつなげることが可能となったところから、情報の受信側と発信側の双方に努力と工夫が必要になってきています。こうした中、ジャーナリズムには権力を監視し、市民に事実を知らせるという本来の役割に加えて、市民の力を強め、連携(ネットワーク)や主体的行動のきっかけを作るなど、これまでにない機能や要素が求められるようになりました。

私たちジャーナリズム支援市民基金は、健全なジャーナリズムが力をつけていくためには、その中身(内容・コンテンツ)と器(媒体やプラットフォーム)の両面で進化/深化が必要不可欠と考え、それら両面のいずれか、あるいは両面のシナジー(相乗効果)を実現した取り組みを応援するため、「第3回ジャーナリズムX(エックス)アワード」を公募します(エックスは未知のX、NextのX、CrossoverのX、ExperimentのXなど…)。

自由で公正な社会のための情報伝達・交換と行動とを促進する創造力/想像力豊かな取り組みを、市民社会のメンバーが選び出します。

第3回ジャーナリズムXアワード募集内容

応募主体

自薦・他薦を問わず、またアマ・プロも年齢・国籍も問わず、フリーランスや学生を含む個人、非営利組織、民間企業など、何かを伝え共有して自由で公正な社会を実現しようとするすべての人と団体が応募できます(基本的に使用言語は日本語)。ただし、政府機関・政府関連組織は対象外。

応募可能な取り組み

1)対象となる分野

日本で自由で公正な社会を創るために必要なジャーナリズムであり、「中身(内容・コンテンツ)」と「器(媒体やプラットフォーム)」両面のいずれかにおける注目すべき取り組み、または両面のシナジー(相乗効果)を実現した取り組み、を対象とします。

2)対象となる期間と事業

◇対象となる期間:2021年1月1日から12月31日

◇以上の間に発表された成果物、その期間に実施された活動、あるいは利用可能な形で公開された仕組みや機能(アプリ等を含む)など、様々な切り口の応募をお待ちします。

想定例

  • 既得権益によって隠された問題を掘り起こす調査(探査)報道が、課題解決への道を拓いた実例
  • 社会問題について市民が自ら考え、自ら行動を起こそうとする意識を育て合うための操作性に優れたデータベースやオンラインプログラム
  • 各地の市民アクションをつなぎ、活動の実効性を高めるプラットフォーム
  • 書籍や報告書の刊行と、内容の社会訴求と、取り上げられた課題の解決とを一体的・有機的に組み合わせて成果を生み出す試み

選考方法

一次選考
ジャーナリズム支援市民基金の運営幹事5名とアドバイザー2名で構成される一次選考委員会で、ノミネート対象を選出
二次選考
ジャーナリズム支援市民基金の運営幹事と外部有識者で構成される二次選考委員会で、ノミネート対象から最終的な受賞案件を決定

賞と賞金について

ジャーナリズムX賞(大賞)
賞金100万円
ジャーナリズムY賞 
賞金30万円
ジャーナリズムZ賞(選考委員奨励賞3件)
賞金各5万円

選考の流れとスケジュール

2022年3月7日(月) 公募開始
4月24日(日) 募集締切
8月下旬 受賞案件の発表

評価項目

応募されたジャーナリズム活動や市民による社会訴求の試みが、日本における自由で公正な社会づくりに寄与し、ジャーナリズムを進化/深化させたり、その枠を押し広げたりする創造的な取り組みかどうかを下記の項目で評価し、注目すべき成果を選出します。

  • 内容とコンテンツ【中身】
    テーマ設定、社会課題解決の手がかり、記述・描写・表現
  • 媒体やプラットフォーム【器】
    目的、利用方法、社会訴求や相互コミュニケーションのしかけ
  • 【中身】【器】のシナジー(相乗効果)

応募・提出方法

エントリーフォームから必要項目を入力してください。

エントリー

選考委員

外部選考委員

師岡カリーマ・エルサムニー(著述家)

古代ローマでは、凱旋した将軍が民衆の喝采を浴びながら都を行進する時、その背後で「忘れるな、あなたは神ではない」と囁き続ける奴隷がいたそうです。勝利の栄光や権力や欲は、時に間違った方向に導くことがある。そうならぬよう「あなたもただの人だと忘れるな」と諭す役目を任されたのが、同じ軍人でも哲学者でもなく、奴隷だったということが示唆に満ちています。底辺の観点で頂上を監視する。それが現代のジャーナリズムに科された使命でもあるのかもしれません。

エジプト人の父と日本人の母の間に東京で生まれ、エジプトで育つ。カイロ大学・ロンドン大学卒業、それぞれで政治学、音楽学を専攻。カイロ大卒業後日本に拠点を移し、エジプトの元ムバーラク大統領、サウジアラビアのアブドッラー前国王やファイサル元外相などの通訳を務めた後、NHKラジオジャパンのアラビア語アナウンサーとなる。NHK教育テレビでは2003年から「アラビア語会話」、2021年から「アラビーヤ・シャビリーヤ」講師を務める。アラブの文学や文化、宗教などについて執筆活動を行うほか、早稲田大学などで教鞭を取る。主な著書に『私たちの星で』(梨木香歩氏と共著、岩波書店)、『変わるエジプト、変わらないエジプト』『恋するアラブ人』『イスラームから考える』『アラビア語のかたち』(すべて白水社)、『これなら覚えられる・アラビア語単語帳』(NHK出版)など。現在、東京新聞で「本音のコラム」を土曜日に連載中。

田口 一成(株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長)

「自由で公正な社会」を創るために、欠かせないのがジャーナリズム精神です。大切なのは、事実をしっかり捉え、伝え、社会をよくしていこうとする精神であって、ジャーナリズムの形態はさまざまです。事実、第一回目はSNSを活用した社会的発信をする「せやろがいおじさん」や、社会の課題を伝えるだけでなく、解決策を示すことで社会を導いていこうとするコンストラクティブジャーナリズムを追及する「IDEAS FOR GOOD」など、ユニークな受賞者が並びました。第二回も、プロ・アマチュア問わず、広い世代からのさまざまなジャーナリズムのあり方を共有する素晴らしい機会になると信じています。

1980年生まれ。福岡県出身。
早稲田大学商学部へ進学。大学2年時に栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。
大学3年時にワシントン大学へビジネス留学。卒業後は、株式会社ミスミに新卒入社。
その後独立し、ボーダレス・ジャパンを創業。2020年度グループ全体の売上は55億円。2022年1月現在、世界15カ国で45のソーシャルビジネスを展開している。

2018年10月には「社会起業家の数だけ社会課題が解決される」という考えのもと、社会起業家養成所ボーダレスアカデミーを開校。
2020年4月には地球温暖化問題を解決すべく、再生可能エネルギーを提供する新規事業「ハチドリ電力」を立ち上げる。
次々とソーシャルベンチャーを生み出すボーダレスグループの仕組みは、2019年グッドデザイン賞を受賞。
2019年、日経ビジネス「世界を動かす日本人50」、Forbes JAPAN「日本のインパクト・アントレプレナー35」に選出された。
著書に『9割の社会問題はビジネスで解決できる』(PHP研究所)がある。

林 怡蕿〈リン・イーシェン〉(立教大学社会学部教授)

事実や真実を見極め、市民社会の前進に寄与できる情報を伝えるのが今ほど難しい時代はかつてなかったでしょう。いま若い世代が、マスメディアの古いやり方から離れて、ジャーナリズムの、新しい別の文化と組織をどのように創り出すかにかかっているように思います。つまりイノベーションの主体が現れるか、です。ジャーナリズムXアワードがオルタナティブなジャーナリズムの創出と、その担い手の間の連帯とを促進する場になることを期待しています。

台湾台南市生まれ。国立台湾大学社会科学院新聞研究所修士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科・社会文化研究専攻・社会情報学専門分野修士課程、博士課程修了。博士(社会情報学)。専門はジャーナリズム、オルタナティブ・メディア、エスニック・メディア研究。主な業績に「台湾の『報導者』(The Reporter)――市民社会の発展、メディア改革の社会運動、そして非営利探査ジャーナリズムの誕生」花田達朗編『探査ジャーナリズム/調査報道――アジアで台頭する非営利ニュース組織』(共著書、彩流社、2018年)、『台湾のエスニシティとメディア——統合の受容と拒絶のポリティクス』(単著、立教大学出版会、2014年)、「管理職からみた『フリーランス』の理想と現実」『テレビ報道職のワーク・ライフ・アンバランス――13局男女30人の聞き取り調査から』(共著書、大月書店、2013年)、「華僑・華人の樹」『放送番組で読み解く社会的記憶――ジャーナリズム・リテラシー教育への活用』(共著書、日外アソシエーツ、2012年)、「震災報道の『顔』――河北新報の情報源を検証する」『新聞は大震災を正しく伝えたか』(共著書、早稲田大学出版部、2012年)、「ドキュメンタリー映像は社会的対話を生むか――台湾植民地統治をめぐる二作品から考える」『世界』801号(2010年)などがある。

内部選考委員(運営幹事)

星川 淳、大津 愛梨、奥田 裕之、関本 幸、寺中 誠

news

受賞一覧

  • 2022.11.02

    第3回ジャーナリズムX(エックス)アワード受賞案件

  • 2021.08.27

    第2回ジャーナリズムX(エックス)アワード受賞案件

  • 2020.07.29

    第1回ジャーナリズムX(エックス)アワード受賞案件

運営団体

ジャーナリズムX(エックス)アワード」は、日本におけるジャーナリズムが本来の力を発揮するためのプロジェクト助成と組織基盤強化支援を目的として2019年3月に設立された「ジャーナリズム支援市民基金」(任意団体)が運営しています。「ジャーナリズムX(エックス)アワード」はそのスタートアップ事業として、自由で公正な社会を創るジャーナリズムを市民が選び、顕彰する仕組みを提供します。

運営幹事

星川 淳(代表幹事)

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト代表理事、作家・翻訳家

大津 愛梨

O2Farm渉外・六次産業化部長、NPO法人田舎のヒロインズ理事長、里山エナジー株式会社代表取締役社長、一般社団GIAHSライフ阿蘇理事

奥田 裕之

未来バンク理事

関本 幸

NGO広報・コミュニケーション

寺中 誠

東京経済大学教員

運営団体からのメッセージ

国境なき記者団による「報道の自由度ランキング」で、日本は2021年も世界67位(180か国・地域中)と振るわない。民主党政権時代の最高11位から、安倍政権時代に急落したままだ。問題点や改善の処方箋は様々だろうし、報道機関所属とフリーランスとを問わず、ジャーナリスト本来の役割を果たそうと努力している人びともいる。このアワードの運営母体であるジャーナリズム支援市民基金は、その名のとおり市民社会の側から日本におけるジャーナリズムの底上げを応援したいと立ち上げた。権力の暴走や腐敗に対する鋭い突っ込みはもちろん、これからの大きな課題は次世代のジャーナリストや発信主体が育っていくこと、それにふさわしい新しいスタイルや器が大胆に試みられることだと思う。ジャーナリズムXアワードがその触媒になるといい!

(ジャーナリズム支援市民基金代表幹事・星川淳)

運営アドバイザー

大高 健志

MOTIONGALLERY代表、POPCORN共同代表、さいたま国際芸術祭キュレーター、映画プロデューサー

鈴木菜央

NPOグリーンズ代表、greenz.jp編集長

お問い合わせ